2016年11月07日

質問をしてくる



上って言っても……

「あの頃よか、大分おっきなってそうやしな。」

…!?
そう言いながら、私の胸のあたりをチラッと見てくるフミちゃん。

「…ちょ、そ、…凍肉批發


そんなとこ見てたのフミちゃんっ!!」

一気に恥ずかしくなって、つい声を荒げてしまう。

「そら俺かて男や~。
あの頃と比べたら、そう言うことにそれなりに興味持っとるわ。」

反省するのかと思ったら、開き直っちゃった。
どうしよう…、なんて迷ってる暇もなく

「分かった。変態言われる覚悟で正直に言うわ。
俺は、小春の成長したおっぱいが見たい。
そのためならテスト頑張れる気ぃするわ圍裙
。」
「…へ、変態っ…!!」
「何とでも言えっ。」

珍しく少し顔を染めながらも、バンバン本音を言っていくフミちゃん。
でもどこか、やっぱり顔はにやけていました。

「でもまぁ、俺1人で決められることやないしな。
小春の考えも聞いとかな。」
「そ、そんなのダメに決まって…」
「小春は興味ないんか?」
「…え?」



「だから、俺の裸に興味ないんかって。」
「…は、はだ……か………?」
「…ったく、だから
俺のちんちんに興味ないんかって聞いてるんや。
言わせんな、恥ずかしい。」
「…ちん……!?」

フミちゃんの口から出たそのワードに、一瞬頭が真っ白に。
フミちゃんの……?………  …!?
そ、そんなの…、み、……見たいわけ……、見たいわけ……



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。