2017年01月10日

1月10日の記事


 「チャンミナ さっきは怒鳴って悪かった」ユノはチャンミンの作ったカルボナーラを美

味しそうに頬張りながら、チャンミンに謝った。

「ヒョン、僕の方こそ…つきあう前はあんなに相談したのに…色々マスコミ対策とかで動い

てもらったのに…別れた事も報告すべきだったよ。すみませんでした」

じっと大きな瞳でまっすぐにユノを見て、チャンミンが謝った。何か言いたげなチャンミン

の瞳。このまま見つめあえば知らない感情が沸き起こりそうで…いや、もう沸き起こってい

る感情を抑えきれなくなりそうで、ユノは怖くなって、チャンミンから目を逸らした。

「…  ああ、じゃあ明日からミュージカルの練習が始まるし、もう寝るよ…おやすみ、

チャンミナ」ユノは逃げるように寝室に消えた。

 チャンミンは食後の片付けをしながら、考えた。ヒョンはまだ怒ってるのかな…

僕がちゃんと謝ったのに、目も逸らすし、前みたいにベタベタしなくなったし…

そういえば、後輩から言いよられてるって言ってたから、その娘とうまくいって、僕の事な

んかどうでもよくなったのかな……そうだよな、最初から僕の事なんかどうでもいいんだか

ら。しょせん、仕事のパートナーってだけで…第一、僕は男なんだし。こんな風に思う事自

体がおかしいんだから。…ハハ… 笑っちゃうよ。何考えてるんだろ。いったいどうなって

欲しいと思ったんだ?僕は…そんな事あり得ない。絶対に。ヒョンは女の子が好きなんだか

ら。僕だって、そうだったのに…なんでこんな事になったんだろ…


だから、気づかれちゃダメなんだ。


ヒョンに僕の気持ち気づかれちゃ…


見つめて欲しい   なんて


触れて欲しい    なんて


そばにいて欲しい  なんて


好きだって言って欲しい  なんて


そんな事


そんな事


絶対に思っちゃダメなんだ…

 片付けを終えたチャンミンは気持ちが落ち着かなくなってからユノと同じにした、寝室に

入った。不安だった時はヒョンと同じ部屋でないと寝れなかったけど、今は逆に同じ部屋だ

と、辛いな… ヒョン…  寝たのかな…チャンミンは背を向けて、横になっているユノを

じっと見つめた。

前はギューギュー抱きしめてくれたのに…

僕が見えないとすぐにチャンミナ、チャンミナって言ってくれたのに…

いつもベタベタ触ってきてたのに…僕… 素直じゃないから… 恥ずかしくて

嫌だ、やめろよ。なんて言ったから、だから ヒョン怒ったのかな…

溢れそうになる涙を堪えて、フーっと深いため息をつき、チャンミンはベッドに入った。

ユノの背中を見ながら。

 ユノは逃げるようにして、寝室に入った。  


Posted by 麥子 at 17:52Comments(0)

2016年11月07日

質問をしてくる



上って言っても……

「あの頃よか、大分おっきなってそうやしな。」

…!?
そう言いながら、私の胸のあたりをチラッと見てくるフミちゃん。

「…ちょ、そ、…凍肉批發


そんなとこ見てたのフミちゃんっ!!」

一気に恥ずかしくなって、つい声を荒げてしまう。

「そら俺かて男や~。
あの頃と比べたら、そう言うことにそれなりに興味持っとるわ。」

反省するのかと思ったら、開き直っちゃった。
どうしよう…、なんて迷ってる暇もなく

「分かった。変態言われる覚悟で正直に言うわ。
俺は、小春の成長したおっぱいが見たい。
そのためならテスト頑張れる気ぃするわ圍裙
。」
「…へ、変態っ…!!」
「何とでも言えっ。」

珍しく少し顔を染めながらも、バンバン本音を言っていくフミちゃん。
でもどこか、やっぱり顔はにやけていました。

「でもまぁ、俺1人で決められることやないしな。
小春の考えも聞いとかな。」
「そ、そんなのダメに決まって…」
「小春は興味ないんか?」
「…え?」



「だから、俺の裸に興味ないんかって。」
「…は、はだ……か………?」
「…ったく、だから
俺のちんちんに興味ないんかって聞いてるんや。
言わせんな、恥ずかしい。」
「…ちん……!?」

フミちゃんの口から出たそのワードに、一瞬頭が真っ白に。
フミちゃんの……?………  …!?
そ、そんなの…、み、……見たいわけ……、見たいわけ……
  


Posted by 麥子 at 17:11Comments(0)

2016年09月11日

けり返されるかもしれません



このところ、ずっとガンディーのことばや、タゴールのことば、
そして、マザー?テレサのことばを考えていた。

10月2日は、折りしも、インドでは「ガンディー生誕記念日」。
2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力デーという
国際デーにすることが決議されたという。

民衆暴動ではなく、ガンディーの提唱した「非暴力、不服従」と
いう平和主義的手法は、世界中に大きな影響を与えたという。
しかし、1948年1月30日、ガンディーは暗殺されてしまう。
平和を望む、崇高な魂を持つ聖人が、なぜ暗殺されなければ
ならなかったのか。

そして又、マザー?テレサのことばも、深い。
マザー?テレサもたくさんのことばを残している。

「人は不合理、非論理、利己的です。
 気にすることなく、人を愛しなさい。」

「あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。

 気にすることなく、如新nuskin產品最良のものを与え続けなさい。」と。

人間の深い心の闇を知り尽くし、光明のありかも知り得た人の
ことばだと思う。。
日常に顧みれば、実際にこのような精神を日々実践していく
のは、難しい。
想像を絶する人間の苦悩の中を、如新nuskin產品人のために愛と平和の精神を
実践して生きた聖人たちの凄さを思い知る。

第一次世界大戦も、第二次世界大戦もとうに過ぎ、
平和な世の中になったと思っていたが、利己的な闘争は収まる
こともなく、人の心の暗闇も続いている。

近代を生きたガンディーや、タゴール、nuskin 如新そして、マザー?テレサ
のことばは、今も生きて、私たちに届いているのだ。
  


Posted by 麥子 at 17:08Comments(0)

2016年08月10日

大いなる疑問符を抱く



インターネットを始めて以来14年、ずっとBiglobeユーザーだったが、
このたびプロバイダを変更することになった。

困るのは、私が2002年から2009年まで作ってきた、古いホームページである。

仕事が関係するわけでもなく、
全く個人的な楽しみだけを目的にしたささやかなものだが、
いざ閉鎖してしまうとなると、非常に寂しい。

ホームページは、1代目PCに付属していたフロントページエクスプレスで、主に作成され、2代目PCに付属していたホームページビルダー8に引き継がれて、更新してきた。

今の3代目PCには、ninjiaしかないので、更新はストップされている。
なので来訪者は補習班、非常に少ない。(けれど、ゼロではない)

このままBiglobeと共にお別れすることも考えたけれども、
やはり、新しいプロバイダ先に移転することにした。
ウェブ上に残しておきたいのだ。

そのために、仕方なくホームページ・ビルダー17を購入。

本日、新プロバイダのURLやアカウントが取れたので、移転してみた。

パソコン設定業者や、プロバイダのサポートセンターに、色々尋ねながら作業したけれども、彼らに質問するのに、かなり苦労する。
彼らは、デジタル人間とでもいうのか、ピンポイントで質問しなければ受け付けてくれない。
でも、50代主婦である私の頭の中は、アナログである。
多少はデジタル対応可能だが、基本、アナログである。
説明に、わたわた時間がかかってしまう・・・・。

というか、人間だって大自然の一部なのだから、どんなに進んだとしても、アナログ領域は消えないだろう。


  


Posted by 麥子 at 17:12Comments(0)